Home

買い方マニュアル

住宅購入は人生最大のお買い物です。後悔のない買ってよかったと思えるよう、買い方マニュアルをしっかりとみておきましょう。
マイホーム購入の流れ住宅ローンの金利について住宅ローンの減税について
マイホーム購入の流れ

Step.1 購入計画&情報収集
Step.2 ご来店・購入相談
Step.3 物件選び&見学
Step.4 ご購入のお申込み
Step.5 売買契約の締結
Step.6 審査
Step.7 住宅ローン申し込み
Step.8 住宅ローンの契約
Step.9 現地での立会確認
Step.10 決済&引き渡し
Step.11 確定申告
Step.1 購入計画&情報収集

住みたい地域・広さや間取り、引っ越し時期、その他条件等をご家族のみなさんと整理していきましょう。

また住みたい地域の物件相場や街の情報などを集め、ご予算の目安をたてましょう。
ページトップへ

 

Step.2 ご来店・購入相談

ご予算やご希望、ご不明な点等をお気軽にお話しください。
住宅ローンをご利用される場合、無理のない資金計画をご提案させていただきます。
月々の返済金額、頭金のご用意、ご購入に伴う諸費用をご説明します。

※ご家族からの贈与などを受け取る場合、早めに相談しておくと良いでしょう。
ページトップへ
Step.3 物件選び&見学

お客様のご希望と資金計画に沿った物件をご提案させていただきます。
物件が決まったら、いよいよ見学です。

現地まで当社担当者がご案内させていただきます。

実際に住んだつもりで生活動線をイメージをしながら、広さや間取り、収納、設備、コンセント配置、日当たり、駐車場等や近隣の様子、周辺環境等も忘れずにチェックしましょう。
ページトップへ
Step.4 ご購入のお申込み

ご購入したい物件が決まりましたら、『不動産購入申込書』に記入します。
この際に、条件等のご希望も書いてください。
(認印をご用意)当社担当者が売買契約への交渉を進めます。

売買価格、引き渡し時期など契約内容を決定していきます。

※申込み前又は契約前に金融機関の『事前審査』を行います。
この際には、ご用意していただく書類等がございます。

Step.5 売買契約の締結

宅地建物取引主任者が、物件の重要事項説明をします。わからないことは、必ず質問しましょう。(事前にコピーをお渡しすることも可)
そして契約内容を記載した売買契約書を締結します。署名・捺印(実印)をし、売買契約書に印紙を貼付します。
また、契約を締結する意思を明確にするために、売主様に手付金を預け入れます。(印紙代と手付金をご用意ください)
※手付金は売買代金に充当されます。
また、手付金を放棄して契約を解除することもできます。
※手付解除時期あり注意

Step.6 住宅ローン申し込み

売買契約締結後、すぐに金融機関へ住宅ローンの本申込みを行います。
当社営業担当者が、ローン申し込みのお手伝いをさせていただきますので、ご安心ください。

必要書類等:ご実印、印鑑証明書、住民票、源泉徴収票(サラリーマンの方)、市町村発行の所得証明書、運転免許証、保険証、売買契約書等ご用意ください。
融資の承認が得られるまで1週間~3週間ほどかかります。

Step.7 住宅ローンの契約

金融機関からローンの承認がおりたら、残代金決済日までの間に、住宅ローンの契約を締結します。
この契約を『金銭消費貸借契約』といいます。

この際は、ご実印と金融機関から指示のあった書類をご準備いただきます。

※提出書類の住民票は、引越し先のものになります。

Step.8 現地での立会確認

新築住宅をご購入の場合は、残代金決済・引き渡しを行う前に、物件の最終的なチェックを行います。

気になる点は指摘して補修をしてもらいます。

Step.9 決済&引き渡し

いよいよ最終段階です。金融機関にて行います。
まず、司法書士に登記関係書類(保存登記・所有権移転登記・抵当権設定登記)の手続きを依頼します。

(書類に署名・捺印)物件の残代金を売主様にお支払いし(振込み)、物件の引渡し(鍵の授受)を受けます。

これで正式にマイホームゲットです!

Step.10 引越し・入居

待ちに待ったご入居となります。当社では、引越し会社と提携しており、特別割引専用ダイヤルから見積もり依頼をしますと割引率がアップします。

また、当社は、住宅ローン申込みに必須の火災保険の代理店でございますので、火災保険につきましてもどうぞお気軽にご相談ください。(お見積り無料)

Step.11 確定申告

住宅ローン減税の適用を受ける方は、新居に入居した翌年に税務署に申告する必要があります。
住宅ローン控除とは、住宅ローンの借入金残高に応じて所得税が減税される制度です。
サラリーマンの方は、初年度に確定申告を行えば、2年目以降は勤務先の年末調整で控除を受けることができます。