Home

入居に必要な費用

入居費用

入居時には、以下の費用がかかります。
最初に入居するときにはおよそ家賃の4~5倍程度の「初期費用」がかかります。

家賃50,000円、共益費3,000円の場合

礼金(50,000円~100,000円)+敷金(50,000円~100,000円)+仲介斡旋料(50,000円)+前家賃(50,000円)+共益費(3,000円)=203,000円~303,000円

・住替え費用の概算
敷金や礼金を入力することによって初期費用を計算することが出来ます。

初期費用を安めに抑えた物件も増えてきています。
そのような物件は月々の家賃は高めに設定されていることが多いので、滞在期間なども考慮してトータルコストで考えると探しやすいでしょう。

各費用項目

家賃
建物(部屋)及び付帯する設備の使用料(1ヵ月単位)。
契約の際は、契約の開始日に属する月の家賃を支払います。
月末までに翌月分を前払いすることが多いです。
支払い方法は様々なので、契約の際に確認しましょう。
契約の有効期間中に家賃が変更になることは少ないです。

礼金
アパートの家主に対して、家賃の1~2か月分を手数料として払います。
これを礼金と言います。
礼金のいらないアパートもあるので、お店で聞いてください。

敷金
あなたが帰国・引越でアパートを出ていくとき、もしあなたが壁や床を傷つけてしまったり、台所を油でひどく汚してしまった場合など、その修理や掃除の費用にするために、家賃の1~2か月分を家主があらかじめ預かります。
これを敷金と言います。
このお金は、修理があった場合、計算されて残額を返してくれますが、あまらなかった場合は、返してくれません。

仲介斡旋料
紹介をうけた不動産業者に対して、家賃の1か月分を手数料として払います。
これを仲介斡旋料と言います。
仲介斡旋料のいらないお店もあるので、聞いてください。

前家賃
入居時に1か月分の家賃を前払いします。
その後の家賃は、毎月決められた日に銀行へ振り込むか、直接家主に払います。
遅れると罰金を払わなければならないときがあります。
また、休みのときに一時帰国していても、家賃は払わなければなりません。

共益費
家賃とは別に共益費(階段や廊下の電気代など)が必要な場合もあります。