Home

連帯保証人とは?

連帯保証人って何?

部屋は自分ひとりでは借りられない!?

賃貸契約の際、必要となる可能性がが高いのが「連帯保証人」。 連帯保証人は借主に代わり責任を負うという法的拘束力があるため、 肉親や近しい親族を勧められることも多いです。 しかし、支払い能力などの条件もあるので、 親族だったら誰でもOKというわけにはいきません。

借主に代わって責任を負う連帯保証人

部屋を借りるときには、自分ひとりでは借りられません。賃貸契約の際には「連帯保証人」が多くの場合必要となってきます。

連帯保証人とは、借主に何らかの事情があったとき、借主に代わって責任を負う人のことを指します。例えば、家賃が払えなくなったなど、大家にとっ てトラブルが起きたときに、連帯保証人が代わりに家賃を支払ったりするなどといった義務があるのです。大家にとっては赤の他人に部屋を貸すわけですから、当然リスクも伴います。そこでリスクヘッジとして、連帯保証人という制度があるのです。

連帯保証人には法的な拘束力があるために、軽々しく他人にお願いできるものではありませんし、ましてや気軽に連帯保証人になることを了承する人も少ないはず。そう考えると、連帯保証人になるのはやはり借主の「肉親」であるというのが妥当なところでしょう。実際、不動産会社でも連帯保証人は 親族を勧められることが多く、借主の親や近い親等の親族などです。

「支払い能力があるのか」が重要な条件

とはいえ、肉親であれば、誰にでも連帯保証人を頼めるわけではありません。連帯保証人になるためには大事な条件があります。それは、「支払い能力があるのか」ということです。借主が家賃を支払えなくなったときに、代わりに支払う能力が なければ、連帯保証人の意味がありません。

審査が厳しい不動産会社の場合には、借主だけでなく、連帯保証人の収入証明まで 提示しなければならないこともあります。また、親が年金暮らしだと、連帯保証人として認 められないケースだってあるのです。さらに、すでに両親が存命でなかったり、近しい親族 がいなかったりするために、連帯保証人を頼めない場合もあります。

では、そうした人たちは部屋を借りることができないのでしょうか。もちろん、そんなことは ありません。次のコーナーで、連帯保証人を立てなくても部屋を借りることができる仕組みを 紹介します。