Home

契約に必要なもの

売買契約-不動産売買契約時に必要なもの

売主様(売却依頼人)

・土地、建物登記済証(提示)
・実印(共有の場合各々)
・印鑑証明書(3ヶ月以内発行のもの)
・固定資産税等納税通知書
・建築確認通知書、検査済証
・前面道路の登記簿謄本実測図、建築図面、建築協定書等
・付帯設備表
・物件状況等報告書
・売買契約書貼付印紙(売主による)
・権利書
・身分証明

買主様

・印鑑
・売買契約書貼付印紙代(売買金額によって異なります)
・手付金(現金か預金小切手かを事前に確認しておきます
・仲介手数料の半金(別途消費税および地方消費税額が必要です)
・源泉徴収票または確定申告書の写し
・住民税決定通知書または納税証明書
・身分証明

不動産売買契約前にしておきたいこと

売買契約に売主様にしておいていただくと、契約がスムーズに運びます。

敷地の境界の明確化

土地・一戸建ての場合、境界杭などがない場合、新たに測量して敷地の境界を確定が必要となる場合がありますので、事前に確認して明確にしておきましょう。

住宅ローンの残金の確認

住宅ローンの借り入れがある場合は、借り入れの残債額を金融機関に確認しておきましょう。

付帯設備の確認

エアコンなどの諸設備を付けるのか、物置や庭石・庭木などをどうするのかを決めておき、トラブルにならないようにしておきましょう。